Slackとは?

公式サイト

  • Slackってなに?
    →LINE/HO/Skypeみたいなチャットアプリ+色々
  • OSは?
    →Windows:ブラウザから
    →Mac:ブラウザもあるが、ネイティブアプリが便利
    →android:公式アプリ
    →iOS:公式アプリ
  • 複数端末でログインできる。
    →PCとiPhoneとAndroid同時に使える
  • システムへの入室は招待者のみ。外からは見えない。
    →設定でオープンにもできるらしい。
  • 強制退出はできる?
    →調査中。アカウント停止(閲覧ブロック)まで確認。
  • Google+のコミュニティとHOを足した感じに使える。
  • 検索で過去が辿りやすい。保管庫的な内容も記録検索可能。
    →現状無料版ではチーム全体で5GBまでのファイル容量らしい。
  • 指定メンバーのみのプライベート部屋も作れる。(部屋のことをチャンネルと言う)

メリット

  • メンション(個別リプライ)が飛ばせる。
    →「@」入力すると候補が出る。続けて文字入力すると絞り込み。
    →通知レベルも3種(する、しない、メンションorキーワードのみ)設定可能。
  • 特定ワードに対して通知設定が出来る。
  • 自分の投稿の編集・削除ができる。改行で直ぐに送信しない。
  • チャンネル毎の未読が管理されている。
  • bot機能がある。(キーワード反応型botなど)
  • 100人以上での大人数で利用が可能
  • 問題者の入室のアカウント停止でモラルをある程度維持できる(Admin権限がある)
  • チャンネル(部屋)を作成することで興味あるなしでテーマを分別出来る
  • 管理者は問題の有る他メンバーの投稿を削除できる。
  • ファイル添付が出来る(機能制限版のためチーム全体で5GB限度)
  • 既読が他者に判らないのでマイペースでコミニュティできる。(LINE既読いじめとか)
  • 検索機能が強力、過去logが辿りやすい
  • (予め決められたワードに)ボットに定期・不定期コメントさせられる

デメリット

  • 参加メンバーにメールアドレス公開される。
    →gmailでの新規アカウント作成を推奨します。
  • 100%英語メニュー。
    →使っていれば慣れます。
  • 電波のない所では閲覧できない。
  • IPアドレスがAdmin権限者に把握される&システム的に記録しているようです。
  • 他のユーザーの既読確認は出来ない。現在ログインしてるかどうかはわかる。

参考サイト